最新デザインのウォーターサーバーをピックアップ

今のウォーターサーバーは本当におしゃれなデザインが増えています。そこで大手業者から最新機種をピックアップ。第一印象でコレだと思う機種がないか早速チェックしてみよう。

フレシャス slat

フレシャスの最新ウォーターサーバーでグッドデザイン賞を受賞しています。全体は艶消し、給水部分は鏡面仕上げで、とても高級感あるデザインとなっています。

>>この機種の取扱会社はこちら

フレシャス dewo

水の雫をモチーフとした丸みを帯びたデザインが特長のフレシャスのウォーターサーバーです。こちらもグッドデザイン賞を受賞しています。5色から選べます。

>>この機種の取扱会社はこちら

フレシャス siphon

ナチュラルテイストなデザインのウォーターサーバーです。ロングタイプとショートタイプと2種類の形状が用意されているので置く場所に応じて選びやすいです。

>>この機種の取扱会社はこちら

クリティア✕cado

生活家電メーカーとのコラボで生まれたウォーターサーバーだけあって、機能美あるデザインが新しい。真っ赤なウォーターサーバーが選べるのは珍しいですね。

>>この機種の取扱会社はこちら

クリティア✕amadana

お洒落なウォーターサーバーとして高級感溢れるレトロな雰囲気で人気だったクリティア✕amadanaのリニューアル版です。この機種の茶色はホントお洒落ですよ。

>>この機種の取扱会社はこちら

アクアアドバンス

アクアクララの主力ウォーターサーバー。ボトルが見えるのが特長的ですね。カラーバリエーションが豊富なのでお部屋のイメージもに合わせやすいです。

>>この機種の取扱会社はこちら

コスモウォーターSMARTプラス

足元組み込みタイプをはじめて採用したコスモウォーターの最新ウォーターサーバーです。

>>この機種の取扱会社はこちら

おしゃれ機種が選べるウォーターサーバー会社

フレシャス

フレシャスは2016年オリコン日本顧客満足度ランキング第一位のオシャレな機種が豊富なウォーターサーバー会社です。いくつか機種はありますがどの機種も基本的にナチュラルテイストなシンプルさと清潔感あるデザインが特長で、日本のどんな部屋にでもマッチします。特にグッドデザイン賞も受賞しているslar(スラット)、dewo(デュオ)の2機種は人気があり、このどちらかを選ぶと間違いないでしょう。

アクアクララ

アクアクララのウォーターサーバーは水ボトルが見えます。ウォーターサーバーは水を美味しく飲むための機械なので、お洒落に水ボトルを見せるという選択もありです。ただ、水ボトルが見えるタイプで生活臭を感じないお洒落なウォーターサーバーはアクアアドバンス以外みつからないのが現状です。また、アクアアドバンスは全8色あるので、お部屋に合った色選びできるのも魅力です。

クリティア

クリティアにはお洒落なウォーターサーバーが2つあります。「amadana×CLYTIA」は、エレクトロニクスブランドのアマダナとのコラボによる誰が見ても美しい超高級ウォーターサーバー。こちらは買い取りも可能。「cadoXCLYTIA」は、株式会社カドーとのコラボによる力の弱い女性や年配の方でも安全に水をセットできる下置きスタイルのウォーターサーバー。いずれも超お洒落で必見です。

コスモウォーター

コスモウォーターは、天然水がいろいろ選べる人気ウォーターサーバー会社。一般的にウォーターサーバーの水ボトルはサーバー本体の上部まで持ち上げてセットする必要がありましたが、この常識を覆して足元の引き出しタイプをいち早く導入したのがここ。水交換が楽で女性やお年寄りの方にもお薦めです。お洒落なウォーターサーバーとしては「smartプラス」があります。どんなお部屋にもあわせやすいのもGOOD!

ウォーターサーバー毎月いくらかかる?

ウォーターサーバー導入で毎月いくらかかるかは下記でおよそわかります。

毎月かかる費用=サーバー代+(水単価✕本数)+電気代

これに配達費用、メンテナンス代、解約金を考慮すると正確に検討できます。

ウォーターサーバー費用の内訳

サーバー代
1105180002基本的には毎月レンタル料が必要です。メーカーによって、サーバー代無料のところもありますがメンテナンス代が必要だったりするので確認が必要です。
水代
1105170026使った分だけ水代が必要です。各メーカーでボトルサイズが違ったりするので、1リットルあたりの値段で計算して比較するとわかりやすいです。メーカーによっては1回の配送に数本以上とか、一ヶ月の最低注文本数が決まってたりしますので確認しましょう。
電気代
dscf7172ウォーターサーバーは24時間コンセントに挿したままで使用します。電気代は月1,000円前後の機種が多く、中には月500円以下の省エネタイプもありますがレンタル料が高かったりします。電気代が気になる方はチェックしておきましょう。
水の配送費用
1105170002水の配送はたいてい送料無料の場合が多いです。但し、離島など一部の地域、住所地の代理店の有無で配送料が必要となる場合もあるので契約前にしっかり確認しましょう。
メンテナンス代
dscf7069ウォーターサーバーのメンテナンスに必要となる費用。毎月サーバー代がかかる機種は無料の場合が多く、逆にサーバー代が無料の機種は必要となる場合が多いです。発生頻度は1年に1度とか、2年に1度など最低契約期間と同じ場合が多いです。
解約金
dscf7066携帯電話の2年縛りみたいなもので、契約期間終了前に解約すると解約金が発生する場合があります。契約前によく確認しておきましょう。

ウォーターサーバー導入の2つの方法

ウォーターサーバーはレンタルと購入の2つ導入方法がありますが、サーバー代だけで飛び付いてはいけません。水代や電気代など継続利用で発生する費用も含め総合的に判断する必要があります。料金体系やサービスもメーカーによって違います。サーバー代は無料でもメンテナンス代が必要だとか、サーバー代はかかるがメンテナンス代が無料、1リットル当たりの水代が安いなど。安いだけで選ばずトータルコストで選びましょう。

購入タイプのウォーターサーバーは得なのか?

ウォーターサーバーと言えばレンタルが主流ですが、中には本体を購入して買取りできるタイプもあります。価格は3万円から5万円と高価にも思えますが、お洒落で高級感溢れる機種が選べたりします。また、5年も使用すると月額600円でレンタルでも36,000円となりその差はあまりなくなります。ただ、購入した場合、途中解約や故障した場合の修理代などのデメリットもあり、現在はレンタルでウォーターサーバーを使う方が多いようです。